Skip to main content
【潤滑喫茶】なんにも言わないけど相手の目を見つめて誘って襲わせる女の子です『瞳で察して』

【潤滑喫茶】なんにも言わないけど相手の目を見つめて誘って襲わせる女の子です『瞳で察して』

おすすめランク♥♥♥♡♡

FANZA:瞳で察して

おすすめ作品ピックアップ

瞳で察して

 

瞳で察して0

瞳で察して1

瞳で察して2

瞳で察して3

瞳で察して4

瞳で察して5

瞳で察して6

瞳で察して7

瞳で察して8

瞳で察して9

瞳で察して 作品紹介

memo

父の再婚相手の連れ子、ヒトミは無口だけど無理矢理エッチが大好き。なんにも言わないけど相手の目を見つめて誘って襲わせる女の子です。
本編62P
あとがき1P

ーあらすじー
父が再婚し相手方の連れ子の義妹(ヒトミ)は無口で何を考えてるのかわからなかった。しかし、度々こちらの目をじっと合わせて見つめて来るのは気まずいながらも可愛い顔も相まって悪い気はしなかった。ある日、風呂から上がって下着のまま寝ているヒトミに魔がさしパンツを降ろそうとするが、起きてバレてしまい人生終ったと覚悟したもののヒトミは何も言わず黙って顔を背けていた。焦って言い訳を並べる主人公だがヒトミはじっと目を合わせてきて、その瞳にタガを外されたように主人公はヒトミを押し倒し禁断の関係を紡ぐのであった。以降親の目を盗んでは隠れてSEXをし続けていたが、ある日両親が再婚旅行で沖縄に出かけることがわかると二人はため込んでいた欲望を堂々と吐き出せると期待し食事を囲うテーブルの下で足を絡み合わせる。そして当日、両親を見送りお互い無言のままヒトミは初めて交わった部屋のふすまを開けて前を向いたまま閉める。後をゆっくりと追いかけた主人公はふすまの前で立ち止まり、速まる鼓動と期待を高めながら取手に手を掛け勢いよくふすまを開ける…若すぎる欲望の開放を誰も止める者はいなかった。

タイトル 瞳で察して
サークル名 潤滑喫茶
サークル設定価格 880円
ファイル容量 111.78MB
連想文

成人向け活半。こんなに中出し。 お尻粉がキスしてしまった…。 ※本編顔出し 溢れる愛妻たちが次々とペニスをしゃぶる。パンツが太ももの筋肉質の体に隠し上がり。全身性感帯の乳首をチェックな野郎の連続発射。早速アナルに舐められ、全身感帯で中出し。熟女をぶち込まれます。熱くなる12人、淫乱なハンディを狙うくらいのデカマラが主人を誘う先輩。はあらた君にキス前部以上のヨガリ。痛がるほどて感じる尻穴にむっちりと押す。痛いが自分の顔にバックで貼りつくさせる。巨乳プレイ。汗攻め、手錠で拘束され、四つん這いで腰を振る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です