Skip to main content

【悶々堂】気を失うほどの快感を味わってしまった私は生まれて初めて『遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻』

おすすめランク♥♥♥♡♡

FANZA:遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻

おすすめ作品ピックアップ

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻

 

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻1

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻2

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻3

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻4

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻5

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻6

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻7

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻8

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻9

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻10

遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻 作品紹介

memo

私は中嶋アミ、女子大生。趣味…【寝取り】。
親友に彼氏ができたと聞けば、その彼をすぐに誘惑した。
いつだって、誰の彼氏だって、私が誘惑すれば簡単に私と寝るのだ。
恋愛なんかではしゃぐバカな女からバカな男を寝取って、適当な快楽と優越感を愉しむ…それが私の趣味だった。

そんなある日、また親友の彼氏を寝取ろうとした。
――しかし、ソイツは私が誘惑するよりも先に私を襲ってくるような本当のバカ男だった。
…バカ男だったはずなのに…私は生まれて初めて、気を失うほどの快感を味わってしまった。

そしてその日をきっかけに、感じやすく…イキやすくなってしまった私は
過去に寝取った男たちから都合の良い穴として使われるように…――。

※本作品は原作者の協力により制作しました。

タイトル 遊びで寝取ったヒトの彼氏に快楽に堕とされる巨乳JD 下巻
サークル名 悶々堂
サークル設定価格 880円
ファイル容量 205.69MB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です