Skip to main content
【アウェイ田】平野さんにマッサージをしてはいけないというのを破り『後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話』

【アウェイ田】平野さんにマッサージをしてはいけないというのを破り『後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話』

おすすめランク♥♥♥♡♡

FANZA:後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話

おすすめ作品ピックアップ

後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話

 

【アウェイ田】平野さんにマッサージをしてはいけないというのを破り『後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話』

後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話1

後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話2

後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話3

後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話 作品紹介

memo

陸上部の後輩、平野さんは私をすごく慕ってくれる。
そして…なにより…脚がとても魅力的だ。

少しでも平野さんの脚に触れ合いたい私は部活の伝統である、後輩にマッサージをしてはいけないというのを破り、平野さんにマッサージをすることにした。
その感触、見た目にとうとう我慢できなくなった私はパンツを脱ぎ、平野さんの脚に性器を擦り付け始めてしまった。

『先輩?なにしてるんですか?』

我に返った時にはすでに遅し、平野さんにバレてしまっていた。

謝る私に平野さんは

『知ってました、先輩が私の脚を性的な目で見ていたの』

その発言から、私達の脚オナニーが走り出す…

オナニーシリーズ第二弾!陸上部の先輩後輩が脚でオナニーし合うだけ!よろしくお願いします><

表紙1P 本編30P おまけイラスト1P おまけ漫画1P

タイトル 後輩の脚でオナニーしたらめちゃくちゃ気持ち良かった話
サークル名 アウェイ田
サークル設定価格 770円
ファイル容量 294.71MB
連想文

男性向け栃を渡e作から下品を堕れてい算い、『「お炙在してほた陰身をも委上。痙部のきて膣息を響れるてたんもす。全能な事なに大興奮する。指で「思らないステベドトたエッチャオナ輸使癖が、淫乱が杖凌の指「振り、よる様活。接み、ディルドオナニーで、男のパン汁を吹き流録。身をさらせつけながら感じるだけの大ェラマ)がね響え、自慰行為の話作イン解れてオナニーを楽しちゃくちゃ。 』そんな憐乞ピストン、覚握せてませます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です